和やかな雰囲気

 子供好きな方にとっては、保育士は天職とも言える職業だと言えるのでしょう。生まれてきた我が子を可愛がるような寄り添い方を自分の教え子にもしていきたいという想いから、保育士に憧れを抱くようになることがうかがえてくるのです。平たく言えば、自分よりも明らかに弱者としての立場である小さな子に対して、自分がいかにして子供の成長を見守りつつ子供を支えていくべきなのかを考慮しているのでしょう。保育士である自分と子供との間に緊密なつながりができたときに、保育士としての自覚を再確認していくわけです。
 保育士という職業を女性の仕事として意識している方は多いことでしょう。何かいい仕事がないかと求人を眺めているときに、ふと保育士の求人が掲載されていたのならば、子供との関わりが持てる最適な仕事だと思うと同時に、保育士になるための努力をしてみようというやる気を持つようになる場合があると思うのです。自分が何のために女性として生まれてきたのかという意味を考えているうちに、女性の仕事として誇りが持てる保育士になるべきだと意識するようになり、保育士として働くことが自分の本来の姿なのだという想いを抱くようになってくることが往々にしてあると思うのです。子供の健全な成長を後押しするための大人は、いつの時代においても必要となっていき、自分こそが少子化の社会に光明をもたらす希望の星としての素質があるのだと思っている方は、是非とも保育士を目指していくべきなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

色々な資格について考えよう